読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

虎視眈々

1日で自身の体重と同量の餌を食べるトノサマバッタは古代より危機を招くものとされており、群れで移動して人々に飢饉(ききん)をもたらし、人々の暮らしを破滅させる力を持っている。

 

ちなみに、「トイレに行っているところを見たことがない」と共演者やスタッフに言われる超大物俳優は、撮影現場に行く途中で高級ホテルに立ち寄り、用を足している。平日昼間の地下宴会場のトイレに人が少ないのをリサーチ済みなのだ。

 

 

→堪忍袋?

 

選挙ポスターにはふつう政策の「1丁目1番地」が掲げられる。「消費税反対」とか「ストップTPP」とか。ところが細川氏の選挙ポスターには氏名以外何も載っていないのである。

 

その理由としては『LINE』よりも普及しているアプリの存在がある。それは『WhatsApp』というメッセンジャーアプリで2009年5月に開始されたもの。ヨーロッパだけで無くアジア圏も網羅しており、もちろん日本語にも対応している。

 

 

 

2010年まで放送されていた『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)は、芸歴10年未満のグループのみが出場可能だったため、『今年がラストチャンスだからどうしても優勝したい』という気迫が見られ、見ている方もハラハラさせられたが、出場制限がない『THE MANZAI』は緊張感に欠ける部分がある。

 

 

どうしても新しい友達が欲しいなら、自分の趣味の延長で知り合うのがいいのではないですかね。できればひとりでもできる趣味。釣りとか英会話の勉強とか山歩きとかヨガとか。

 

GoogleFacebookの送迎バスがサンフランシスコ中を走り回っているため、特にバス停近くの家賃が上昇しているとかで、「高給取りのおまえらが来たせいで俺たちが出ていかなきゃならないじゃん!」と、サンフランシスコ住民が送迎バスを通せんぼし窓ガラスを割るなど、所得格差を巡る対立が深刻化。

 

最近では芥川賞直木賞を受賞しても10万部いけば成功だと言われており、つくづく文芸書の苦戦を実感せざるを得ない。

 

 

米国においてネイティブ広告が話題になってきたことで、日本でも一部のメディアは、さらに境界線を曖昧にした広告を導入することについて検討を開始しています。

 

フォロワーは一時、7万人を超えた。

 

→勝手な予想で必要ないものだったらどうするの?

 

 

 

ハフィントンポスト日本版は、その成り立ちから国際性があり、グローバルな言論空間にリーチできる新しいメディアとして、とても魅力を感じたのです。

今回、編集主幹をお引き受けしたのも、私がハフィントンポスト日本版に、既存メディアにはない可能性を感じているからです。

 

 

 

 

→まっぱでメガネなんて嫌…

 

 

 

 

 

 

 

→「藻」

 

期待されているのは、ネットメディアが新しい書き手を見つけてきて、従来のマスメディアがオーソライズするというルートだと思います。ただ、現在ネットで公式に発言しているのは、既存メディアが発掘して、育ててきた人が多いように思います。その構造は、まだ大きくは変わっていないのではないでしょうか。

 

女性向けブランドの靴メーカーがハイヒールの靴底に使っている赤色が登録されているほか

 

 

 

私は、岡本太郎さんの著書にある言葉が好きです。安全な道と危険な道があったら、先の見えない危険な道を選べと。

 

 

イノベーションの根源は、クレージーな起業家がいるかどうかです。

 

 

アナログで褒め、デジタルで分析する。使い分けるのが一番だと思います。

 

アメリカ人にとって「quality」という単語の意味は、基本的に「機能する(It works)」ということである。

 

 

誰一人「今日は何も仕事出来なかったなぁ」っていう顔で家路にはついて欲しくないんですね。

 

 

話しながら観客に注意を払っていれば、途中で話を聞いていなかったり、携帯電話を触っていた人が多かった場面がわかります。

 

「言語的知性」では0歳〜9歳位、「身体運動的知性」では0歳〜4歳位、「音楽的知性」では0歳〜4歳位、「論理数学的知性」では1歳〜4歳位 が特に重要である。

 

 

実際、仕事を遂行する上で睡眠は不可欠な要素だが、徹夜も賢く取り入れれば、他とは違った役割を果たすことができる。

 

 

5:欠点がないこと

 

 

昨今のオフィスビルの空室率の低下は、一部の優良ビルに限定されてきた市況回復の動きが、幅広く広がってきていることを示しています。

 

失敗があるから成功がある

 

これからの企業とタレントとの関係は、ブランド哲学を共有した上で一緒に新たな価値を産み出していくような、パートナーシップ型が増えていくでしょう。

 

「私は今後5年から8年でフェイスブックは消滅すると考えています。最大の理由は回転の速いIT業界の中に飲み込まれる可能性が高いからです。歴史的な枠組みから見た組織論としても、消える運命にあると言えます」