読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

炎上マーケティング

株価上昇などで資産運用の環境が好転、企業側も年金負担の軽減を狙った改革に踏み出しやすい。確定拠出年金の普及は、貯蓄から投資へ向けた家計の流れを後押しする。

 

→流行は繰り返す。

 

子供がいる人もいない人も入居者同士が支え合いながら「みんなで子育て」ができる環境作りを狙いとしている。

 

 

習主席の義兄や温前首相の娘婿と息子、李鵬(リーポン)・元首相の娘らは、欧米の金融大手や会計事務所の支援で、バージン諸島に資産運用のための会社を設立。2000年以降だけでも推計1兆~4兆ドルの資産が中国から流出したという。

 

→話題作りのため?

 

 

地元では、国立公園に指定されれば施設の保存が確実になるとともに、観光客が増えて経済的効果も大きいとみている。

 

→なんとなく面白い。

 

 

これだけの有力者が一堂に会する機会というものはほとんどなく、政治や経済のグローバル化が進んでいる現在、こうした会合の存在にはそれなりの意義があると考えてよいでしょう。

 

→ほら、やっぱり押し売りだ。

 

 

互いに気づいた点を投稿することで、職場の意思疎通が深まり、優れたサービスの事例は部署を超えて共有される。多くの「いいね」がついた事例は、ほかの店舗にも送信され、全社で共有される仕組み。

 

自分との戦いは自分を弱くすると著者は主張します。

 

自分が主役となって蕎麦を打ち、その働き方を人に見てもらえる、そして人との対話がある、それがこの蕎麦屋を志向する裏面のように思える。これは過去の役割の一山が終わり、役定後の働き方で、もはや昔のような存在感を示すこともできず、面白みもやりがいもない仕事に比べれば、なんと充実した仕事なんだ、そう見えるのだろう。

 

→「節電営業中」

 

 →かなりセクシー。

 

 

TBS広報は「当事者同士の発生事案なので、今後どう対応していくか、スタンスは決めていない。実際に収録の時に何があったのか、女性が被害届を出したのかどうかは、把握していない」の一点張り。