読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

おからブラウニーは罰ゲーム

 

 

→都民が求めていることは何だろう?

 

古くからある神社や寺の周囲は比較的災害リスクが低いと言えるのではないだろうか?

 

住宅ローンとは、誤解を恐れずに言えば“信用がなければ組めない”もので“将来稼ぐだろうお金を自分から前借りするもの”だと考えている。つまり借りる相手は金融機関ではなく、将来の自分である。

 

 

 

やはり、先進的なものを得意がって公で使うとしゃれの通じない人に摘発されるというのは洋の東西を問わぬ通弊のようです。

 

 

→大学ってなんだ?

 

→大切なひとに「ふせん」…

 

→耳に残るCMソング

 

 

 

中国メディアが「戦争犯罪者を英雄だと思っているのか」と質問したのに答えた。首相はさらに「ただ魂を慰霊したい。その人たちに感謝したいという思いがあるだけ。国のために戦った人に手をあわせるのは、世界のリーダーの共通の姿勢だ」と説明。

 

「彼は日本のラストサムライです」と、田母神コールを呼び掛けていた。

 

消費者問題に詳しい東京経済大学教授で弁護士の村千鶴子さんは、お通しは名目が料理代であれば断れても、席料であれば断れないとしています。

→料理を注文した後にお通しを出されて、それが注文した料理とかぶったときは悲しい。

 

 

外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる日本以外の国籍の旅行者。

 

ABテストを大量に実行

 

→「リスクコミュニケーション」

 

ネット通販や実店舗の量販店は、普通、マージンが5%も無い。それなのにクレジット・カード会社などにトランザクションのフィーを取られていたら、たまったものじゃない。ビットコインはトランザクション・コストが限りなくゼロに近いわけだから、自ずとそっちへ行きたいという力が働く。

 

→事務所の人の書き込みだったら、やっぱり偽物じゃないの?

 

 

 

  • 「表参道布団店。」という、イノベーションの実験場。 | AdverTimes(アドタイ)

例えばアメリカのアパレルブランド「アバクロ」の店舗は販売もしていますが、店内は暗く商品を売るために最適な照明とは言えません。しかも店内では大きな音で音楽がなり、店員は踊っています。

これは、アバクロのお店は商品を買ってもらうためにあるのではなく、アバクロとはどういうブランドかを強烈に伝えるためにあり、販売はネットで行うと割り切っているからです。

 

必要とされているのは、熱烈にファンを生むようなとがった商品、サービスを考えられる人だ。

 

選択肢を与えるのではなく、イチオシを伝える

 

労働者の注意力の範囲を狭め、創造的思考や満足感ならびに生産性を減少させることが分かりました。

 

 

例えば、友人の会社が1億の投資を受けたとしたら"めでたい"と思うかもしれないが、1億借金した人におめでとうとは言わないだろう。確かに出資を受けるのと借金をするのは異なるが、本質的には近い部分もある。

 

ビールの消費が減り、たばこが時代遅れになっている現状を考えれば、全米でマリフアナが合法化された暁には消費量が急拡大しそうだ。

 

→どこから仕入れたの?

 

→東京もんには冷たいさかい。

 

円が昨年10月以降、約5年ぶりに韓国ウォンを下回り、韓国企業に対する日本メーカーの輸出競争力に有利な状態が続いている。

 

 

インターネットに接続する家庭用機器はウイルス対策ソフトなどの保護対策がされておらず、パソコンやタブレット端末に比べて機器に侵入し乗っ取ることが容易だという。