読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

明日、ペリエがない

実験の結果によると、何人かの被験者が毎日2時間だけ気温17度という環境下で過ごしていたら、約6週間で体脂肪の低下がみられたという。

 

 

29日放送の第3話から番組スポンサー全8社がCM放送を見合わせることが27日、分かった。

 

 

 

バスシェルターの広告は、バス利用者と同じくらいかそれ以上に、バスを利用しない歩行者やクルマ利用者に訴求するという。

 

例えば古いネジとか配線の材料の切れっぱしなどをずっとためてあって、何か作るとか修理する際に、確かああいうものがあったよな、あれが使えないかな、なんて考えるわけですね。そういう工夫が子供の脳をものすごく鍛えるんです。

→古いケーブルならいっぱいあるよ。

 

1つ目は失敗に対する許容度だ。失敗は成功の糧であり、勇敢であることの勲章だ。失敗にこそ学びがある。

 

 

出井:だからこそ、シリコンバレーのダイナミズムが日本でできたら、日本も変わると思う。

→何だろう、シリコンバレーのダイナミズムって?

 

SNSは「共感」という内面的な要素に焦点を当て、自然な形で関係を昇華させる出会いの場です。その真逆が婚活と言えるでしょう。

 

 

 

ホリエモンにいたっては供託金を貸したとのこと。

 

 

ラクスルに限らず、急成長を遂げたスタートアップには共通項がある。それは「仮想化」をはじめとするクラウドコンピューティングの発想をビジネスモデルに取り入れていることだ。

 

 

就きたい仕事で1位だった「パティシエ」の予想月収は20万円となるなど、就きたい仕事と予想月収に相関は見られなかった。子供は必ずしも収入の高い職業にあこがれを持つわけではないということがうかがえる。

→予想月収まで聞くんかい。

 

通販会社や、商品やテナントの“編集”をする百貨店、ショッピングモールを運営する不動産デベロッパーなどなど…「どんな属性の人たちに、どんな気持ちで、何のためにその場に集まってもらい、その欲望をどうやって肯定していくのか」を考えるのが、メディアづくりの根幹と思いますが、それを考える仕事は、社会の中にたくさんあります。

 

<働きがいのある企業ランキング2014>

1位  プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社(P&G) 4.40

2位  グーグル株式会社 4.15

3位  株式会社小松製作所 3.96

 

 

→書き心地が気になる。

 

 

→「オンリーワン車」

 

 

・男性未経験か博士号を取得していれば報酬は10パーセントプラス

 

 

 

 

 

 

2013年3月末からの9カ月間でスマートフォン契約数は970万件増加したが、フィーチャーフォン契約数は677万件減少した。

 

 

「自分に何でもしてくれる」と実感すると、男性はそのパートナーを大切にしたいとは感じなくなります。わざわざ大切にしなくても、何でもしてくれるからです。

 

リーンスタートアップは本当に簡単にまとめると「最小の評価可能なプロダクトを作成して、そのプロダクトにとって仮設を設定した上で、その仮説の計測可能な指標を設定し、こまかいサイクルで仮設の検証とブラッシュアップをひたすら細かいサイクルで回す」というものですが、Lean UXはこのサイクルをUXの改善のために回してしまおうというアプローチです。

 

業界で見過ごされた市場の“非”顧客をどう取り込んでいくかを考え、バリューイノベーションを起こすことにより、競争を意識せずに顧客に支持されるビジネスが展開できるようになるのです。

 

 

テレビ東京は「お金かけず、スタッフを酷使し、一般人を利用する」のがとてもうまい。

 

 

 

「まだ本気出してないだけ」「やればできる」という人も、やってもできない場合が多い。今まで、特に何かを成し遂げたこともないのに「やればできる」という人は努力したことがないので自分の限界を知らない。

 

 

→何これ? 広告?

 

 

 

フェイスブックツイッターはしばしばバイラル(伝染性)のサービスといわれる。口コミで一気に拡がるので、伝染病の流行とパターンが似ているからだ。

 

 

 

一方の意見しか言わない面々をずらりと並べて、この問題にはこれしかないと聴かされ続けると「そういうものかな」と刷り込まれる。ワイドショーの危ない一面なのである。