読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

遅刻、そして早退

→何が真実なのか?

 

会社人生は、大きく分けると、入社してから仕事を通じて自立していく時期と、組織での仕事に一定のメドがついてから、自分の今後の在り方を考える時期の2つの段階がある。

 

 

→NEXTのボタンが見づらい。

 

 

「搾取ジャーナリズムを商売にしてきたGawker Mediaは、人が金儲けをする権利をこれまで何度も犯してきたが、今回は行き過ぎた。原告の脚本が無許可でハリウッドに出回っているという内容の記事を書くのではなく、違法に入手した脚本を最初に読んだと宣伝したことで一線を越えたのだ」

 

5:ティモシー・フェリス

「週4時間だけ働く」というライフスタイルで話題を集めたアメリカの実業家・投資家で、クラウド型のWebサービススマートフォンなどを駆使してバーチャル環境で働くデジタル・ノマド遊牧民)のカリスマ

 

Pinterestは、いまやインターネット上の一大勢力だ。新しい調査によると、オンラインで共有する際の主要な方法として、電子メールを上回っているという。

 

 

脳内ホルモンのドーパミンは、好奇心や緊張感が刺激されたときに大量に放出されます。この分泌量は表情筋にも影響しているといわれ、量が多いほど明るい表情を作ることができるのです。

 

 

 

意思決定は「直感」が先

 

となると、あくまで自分自身が楽しく、地道にコツコツ生きていたら、いつのまにかまわりの人のおかげでちんまりとモテてしまう……このほうが、意外に”恋のヒット商品”が生まれそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「間」をうまくとるためには、最後まできちんと話を聞くということはもちろんですが、お客様と呼吸や息継ぎを合わせることがポイントです。お客様との会話の中で句読点を意識するのです。

 

 

 

食生活の章では、あるサプリメントが子どもに劇的な変化を与えた(“本を夢中になって読むようになった”)というBBCの番組を紹介

→どんなサプリ? 気になる。

 

「どちらをお求めになりますか」というたずね方を避けて、「どちらがご希望ですか」という質問を行ない、買うかどうかをたずねずに、どちらの品に決めるかという話の進め方を、相手がほとんど気づかないうちにしなければならない。

 

 

 

 

日本の少子化問題の解決策として、女性が家で子を産み育て男性が妻と子を養うのが合理的と主張。

 

妊娠、出産、育児は圧倒的に女性の方に負担がかかりますから、生活の糧をかせぐ仕事は男性が主役となるのが合理的です。

 

→17歳には見えないね。

 

 

 

CNNの画像では落ち着きのない首相の挙動とあいまって、「国家に依拠し、国家の力を背景に喋る人物」という「脆弱性」を示す「失敗演出」であったと思います。

 

 

IT健保じゃない方も大丈夫。お友達に加入会社の人がいれば一緒に行けばいいのです。値段がちょっと上がって、3000円のコースが5000円になりますが、それでも十分に安いと思うので行く価値ありですよ。

 

 

スペインで昨年初めて、風力発電が電力供給源のトップになったことが送電企業の報告書で分かった。

 

 

 

 

→いちばん上の横ナビがうにょうにょ動いて気持ち悪い。

 

→「つや姫

 

 

スタバとタリーズでは環境音に違いがあるのかな?

 

フォレスター・リサーチのアナリスト、デニー・キャリントン氏は「アップルは間違いなく、決済業界の眠れる巨人だ」とし、「彼らには可能性がある。まだ全体が結びついていないだけだ」と語った。

 

Googleの狙いが人工知能とロボットを利用したリアルライフのインターネット化にあることが明らかになった。

 

恋愛がエンタメである以上、一緒にいる人を楽しませることは必須です。

 

 

業界3位のケリング

「これからより良い生活を送り、健康で肉体的にも魅力的に見せたいと切望する若い人にはスポーツブランドが最も訴求できる。彼らの憧れがスポーツブランドだったのです」

 

 

いつもごきげんで安定している

 

 

 

サントリーという企業には、「一世一代の大勝負」を許容する文化がある。

 

国のシリコンバレーで長年ベンチャーキャピタル事業を手掛けてきた伊佐山元氏(40)が最高経営責任者(CEO)を務める投資会社「WiL(ウィル)」が、昨年12月に3億ドル(約310億円)規模の同ファンドを組成した。

 

老舗の先輩アパレルに進出の悪しきケーススタディがたくさんあって、その共通のパターンは決裁権のない日本人に総経理を任せることだ。

 

 

この会社では、費用をかけても、生活習慣病によってこれまで育てた幹部社員が倒れてしまうことのリスクと比べれば、有効な投資と考えているようです。

 

アベノミクスが達成できることには本質的な限界がある。円高は日本の輸出の衰退の背後にある一つの要因にすぎない。つまりイノベーション(技術革新)の欠如は、とりわけ電子産業にとって、より重要な要因だ。

 

 

 

 

日本の会社では多くの場合、リモートワークをするには大義名分がいる。