読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

計量カップはコップではない

 

 

ブラックサンダーの売上高は単純計算で30円×1億3000万個=39億円に上る。有楽製菓の2012年度の売上高は90億円で、ブラックサンダーはまさに会社の屋台骨を支える商品だ。

 

ちなみに、地方でエンジニアとしてフリーランスで食っていきたいのであれば、まずは、都市の会社に就職して、ツテをつくって辞めて、地方に戻ってその会社から仕事を貰うとかが手堅いと思います。

 

 

トップクラスの人材を獲得するきっかけは、同社が開催する「オープンな戦略会議」にあるという。

 

 

「私たちは学生に挑戦するチャンスを与え、彼らがそれをどう乗り越えるかを見たいと考えているのです」

 

 

 

KAIZENの強みのひとつは、ツール自体の価格と便利さだ。

 

UIデザイナーの数は、世界的に見てもまだ非常に少ないのが現状だ。とりわけ、日本のデザイナーの数は極めて少ない。

 

 「Mステでおっpいポロリ」との言葉に釣られ、ツイッターアカウントを乗っ取られる人が2014年2月1日ごろから続出している。

 

 

 

①総合型より特化型の方が、割合として多い。

②特化、差別化には様々なアプローチが見られた。

③特化したサービスは、流行に流されないものである。(仮説)

 

自分の会社の利益極大化にばかり血道をあげてきた人が、ある日、経団連会長になって天下国家のことを考えろと言われても無理な話だろう。奥田会長はそれができたおそらく最後の会長ではないか。

 

→怖いよ、これ。

 

 

副収入が欲しい人は、ギャンブルとか損する可能性があるものには手を出さず、足し算で収入が増えるようなところに手を出すほうがいいと思いますよ。。。と。

 

水をはけるためです。真っ平らですと、ホームで水が流れた時に、はけないですよね。清掃などの作業もありますので、ホームの軌道側に水が流れるように水勾配というのを設けております。

 

原発再稼働を訴える甘利明経済再生相のパーティー券を、2006年に甘利氏が経済産業相に就任して以降、原発を持つ電力会社9社が分担して購入していたと1月27日付朝日新聞が報じた。

 

 

 

 

「ぼくは政治家ではないので、第一声というのは何を喋っていいのかわからない。みんなから僕が何を喋ったらいいのかコメントで募っています」

 

若者が「衣食住」よりも「承認」を求める強い欲求を抱えていることを指摘している。

 

 

→「既読スルー」。既読って必要?

 

ライターとしては、記事の質を高めるため、創造的な視点から事物を眺めることを心がけていきます。開発に関しては、タブレットスマートフォン用のアプリケーションを開発できるよう現在準備を進めているところです。

 

 

 

 

細川陣営にとっては、若い有権者層の支持を集める家入候補との接触で、若年層へのアピールに。家入候補にとっては、泡沫候補ではない存在感を見せ付ける場面となったのかも知れません。

 

 

大切なことは、頭で考えるのではなく、五感を使って自然を感じ、変化を感じることです。

 

 

 

 

→えええええー

 

結論から言うと、結果的には、記憶を定着させるためには「繰り返すこと」が重要らしいのです。

 

ヤマトグループ最大の総合物流ターミナルとして2013年10月から稼動しているが、2月4日から、サービスの価値を消費者に判り易く説明するため、約90分の見学コースをオープンする。その際、最新鋭の物流設備の見学に加えて、家電の回収や修理サービスなどの流れについて、より理解を深めるためにプロジェクションマッピングを利用したプレゼンテーションを行う。

 

 

 

→広告かいな。

 

 

→「心理障壁」

 

「サービス業としての意識改革が求められているんです」

 

 

 

 

もっとも現在の安倍政権について「安倍首相と菅官房長官は(規制改革で)頑張っているが、その下(の閣僚)で(政策の)交通整理ができていない」と苦言を呈した。「現状のまま何もしなければ6月の新成長戦略は大した中身にならない」との懸念を示した。

 

ザ・コーヴ』に反論する映画を日本で作ればいい。日本語の反論に聞く耳を持たない外国人でも、映画ならきっと見る。今からでも遅くはない」。さらにこう付け加えた。「公平さを保つためにも、ぜひうちで配給したいですね」

→はあ?

 

 

「心の科学のガリレオ」

 

 

 

 

 

ロンドン(イギリス)、ストックホルムスウェーデン)、ニューヨーク(アメリカ)、パリ(フランス)、東京(日本)の5都市の平均睡眠時間を比べると、東京は最下位の7.3時間。意外に多いのでは?と感じますが、1位のパリは東京より1.6時間も長い8.9時間。世界の都市の人は約8時間は毎日寝ているようです。

 

その不具合というのが、「スリーブ」といわれる、水道管などを設置するための「孔」が開いていなかったためというから、なんともお粗末だ。三菱地所とともに施工を請け負った鹿島建設に配管設備を担当した関電工と、「一流」の看板が泣いている。

 

 

 

 

 

モバイル利用と収益を急速に拡大させているFacebookは、その成果を十分に得ている。しかしそれでもAdobeのレポートでは、PinterestとTwitterとの比較において、Facebookよりもはやいスピードで成長しているとの指摘をしている。

 

 

自分の仕事も明示されているため、ドイツ人は自分の担当以外の仕事は、やらない。ドイツに来て「それは私の仕事ではない」という一言を幾度か聞き、突き放された気持ちになることがあった。

 

 

「レストランに入ったら、つながりがある人が3人くらい見つかるかもしれない」

→そんなに知り合いに会いたいのか?

 

 

紹介した内容はそれぞれの立場からの率直な意見であるため、実現可能かどうか、政策として妥当かどうかは議論の余地が大いにあるだろう。しかし、こうした女性の声を候補者がここまでオープンに、格式張らず、リアルタイムで拾い上げる仕組みに賛同する若者世代の女性は多いようだ。

 

フェイスブックの「いいね!」ボタンの隣に「超いいね!」ボタンがあって、クリックすると少額で寄付できるようになるシステムが実現するとか、それくらい抵抗のないシステムがあればいい

 

 

→ここまでやるとキモイ

 

 

 

鈴木健氏の提案している伝播投資通貨PICSY、分人民主主義の原理から背景にある思想、そしてその展望について、参加者も交えて議論します。参加者は事前に「なめらかな社会とその敵」を読んでいることが望ましいです。

 

 

指導教官のバカンティ教授の研究室に在籍していた女子4人を「ドクター・バカンティズ・エンジェル」と、まるで映画「チャーリーズ・エンジェル」をもじったかのように呼ばれて(名乗って)いたそうで

 

PR担当者は、小保方さんが着用したことについて「大変、大変うれしいことです。才色兼備な方でいらっしゃって、芯の強さを感じさせる方。(革新性で知られる)ブランドのフィロソフィー(哲学)にもピッタリ、という印象を受けております」と喜びの声。

→さすがPR。うまくもっていくね。

 

→ガオガオダンス…

 

今回の断食道場も、ある種のハングリーさ、メンタル的な飢えを取り戻すためなんですよ

 

Android端末で独自性を発揮できなくなるとすれば、それはさらなるコモディティ化への加速要因となるわけでして、Samsungはこの危機をどう乗り越えていくのか大いに気になるところです。

 

今回の小保方さんの発見はニュートン万有引力キュリー夫人放射能に匹敵する大発見だからです。

 

 

ひと皿に、サーロインとフィレ肉の両方がのった850グラム(骨つき・2人分)というボリュームに加え、肉の食感もしっかりしているので、男性でも十分満足できます。

2人用で1万5000円とお安くはありませんが、たまのご褒美にはよさそうですね。

 

 

訪日外国人全体の旅行消費額は3,082億円。

 

 

スギ花粉のピークは、関東や西日本で3月上旬~中旬、北陸で3月下旬、東北で4月上旬~中旬となる見通し。

 

 

くまモン」や「うどん県」で積極的に地域をPRしてきた熊本県香川県も、それぞれ5位、8位とランキング上位に。

 

細川候補は、都政よりも脱原発に興味があるという印象です。

舛添候補は、以前に北海道の知事になろうとしたり、東京の知事になろうとしたりしているので、東京が地元という印象は受けません。

 

 

サービス・プロフィット・チェーンの基本的な考え方は、組織が従業員を大事にすれば、従業員は顧客によいサービスを提供するというものだ。そうなると顧客の購買が増え、企業の売上げと利益が増大する。

 

 

 

グーグル社内において、Androidスマホのハードを自社で開発するというモチベーションがなくなりつつあるように感じるのだ。

 

ミシガン州立大学の調査で、夜9時以降に仕事目的でスマートフォンを使うと、翌日まで疲れが残り、生産性も低下する──いわば「二日酔い」になるというのです。

良い睡眠をとるには、毎晩、一定の時刻になったらスマートフォンの利用を「打ち切る」べき

 

 

 

朝日新聞は割烹着姿の小保方博士をトップに置き、「30歳の若き女性研究者」と紹介しています。また、博士なのにも関わらず「小保方さん」と呼んでいます。発見そのものに関する詳しい説明はありません。