読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

快進撃

 

 

糖質は体内でブドウ糖に分解され、血液に取り込まれます。血液中のブドウ糖が増えすぎると、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンの働きで余分なブドウ糖は血管の外へ追い出され、細胞に取り込まれて、その一部は皮下脂肪として蓄積されます。

→さぁ、やってみよう!

 

おのののか

「あざとくない芹那」というポジションを獲得しそうだ。

 

→に、日経新聞

 

 

 

→8ページも引っ張る内容???

 

 

必要な睡眠時間は人によって異なり、8時間にこだわるべきではないとしたほか、「睡眠薬代わりの寝酒」は睡眠の質を悪くする

 

 

 

 

 

01.メルマガでまずは大量の文言のCTRをテスト
02.スマホのWeb登録導線にその文言を反映
03.さらにスマホアプリの登録導線に文言を反映
といった順番で、クリエイティブのA/Bテストを段階的に行いました。

 

FacebookとPinterestの世代傾向は類似しており、30-49才の支持が高い。
・最も特徴があるのはLinkedInで、30-64才のビジネスパーソンの支持が突出している。

 

 

 

→お、おかん…

 

 

「リケジョ」という言葉は、もともと「理科系女子」を差別しようという意図で出されたわけではありません。むしろ理科系を選択する女子学生を応援するために生まれた言葉です。

→リケジョになりたかったなぁ。

 

彼は、戦場観光者であって、ジャーナリストではない。だからこそ、ジャーナリストも行かない最前線に行くのだという。

 

 

  1. ニーズを引き出す
  2. 解決策を求めているかの確認
  3. 解決策に投資ができるかどうかの確認
  4. 自社製品とのお見合い

 

 

TwitterやLINEのように気軽な使い方ができなくなってしまっているFacebook。これだけ色々と気を遣わなくてはならないSNSは、もはや疲れるだけ。ますますFacebook離れが懸念される結果となった。

 

 

ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーらが集まり、短期間で集中的にアイデアやサービスを考え、アプリケーションやウェブサービスなどをつくるイベント。

 

 

太田選手の話を聞いて「太田さんの話には起業家のマインドと同じものを感じますね。それは“できるまでやる”ということ。

 

実施していない理由(複数回答可)としては、「ソーシャルメディアへの社内での理解度が低い」、「何を説明・教育すればよいか分からない」といった回答が多かった。

 

「その服かわいいね」などお世辞や社交辞令が言えない

→お世辞や社交辞令だったら、そんなこと言ってもらいたくない。

 

 

承認されたのは、鳥居薬品(東京都)申請の「シダトレンスギ花粉舌下液」。

→鳥居薬(4551)

 

 ・必ず期限どおりに提出する
 ・簡潔な文章を心がける
 ・事実だけでなく自分の意見を添える