読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆでブアヴァランチトリッパ!

キラーキラーリ東京タワー!

乾燥に注意

アクティビティのパターンで1回シンプルに物事を整理して、そこから何ステップで実際呼べればいいのかと考える。たとえば、3タップならストレスなく使ってくれるだろうとか、そうした仮説に基づいてデザインするのがいいかなって思う(森田)。

 

池上氏が、石原伸晃氏に対して、「勝てそうな候補だから舛添さんを選んだのでは?」との問いをぶつけると、石原氏は思わず、「別の候補者を考えていましたが断られました。」と発言してしまった。つまり、舛添氏という勝ち馬に乗ろうとしたことを自民党都連幹部に認めさせたのである。

 

 

 

「仕事の依頼があるたびに、どうして私に、と、びくびくしながらも嬉しくなって勇気を出して引き受けていたら、こんなに色々な仕事にトライする人になってしまいました。ただ多岐に渡って、という気持ちは実はないんです。ひとつのことをやっている、そんな風に本人は思っています。そのひとつのこと、共通点は何か。個人的な感情を掘り下げるということ。幸せはなんなのか、ということ。観た人がハッピーになるかどうかということ」

 

 

奈良県橿原市橿原神宮神武天皇とその皇后を祭神とする。

 

輸出で特に期待外れなのは、円高が是正されたにもかかわらず、一向に輸出の数量が増えていないことだ。

 

識者は「興味のある記事だけクリックする」ネットニュースの特性が背景にあると分析。「解説など『硬い』記事を読んでもらうための工夫が必要」と指摘する。

 

→ほとんどの日本人男性がアウトじゃない?

 

なか卯は「牛丼チェーンから、丼チェーンへの転換を図る」(広報)としている。

 

①現場で起きていることと、出回っている情報のギャップが激しい。
②ボランティアスタッフが風紀委員みたいで、まるで未来を感じない。
③家入さんの強烈な魅力を、家入さんの周囲の人間が殺している。

 

選挙が終わった後に、インターネッ党なるものの方針が出ていたが、賛同人などをみても、一部のクラスタで盛り上がっているだけなのねという臭いがぷんぷんして、全然「ぼくら」という感じがしないのだ。閉鎖的、限定的な「ぼくら」という感じだ。これって本当に「ぼくら」なのだろうか。

 

 

 

 

 

 

中期のトレンド判断で参考になるのは52週移動平均線。その52週線は足元で99円程度。ということは、まだドル高・円安トレンドが続く中での一時的なドル安・円高に過ぎないなら、99円程度を大きく、長くドル安・円高にはならないというのが、経験則の教えるところになる。

 

→ほんとにいいね!

 

 

 

 

店の人は私に「人と人の間で一番大事なのは信頼し合うことです。騙したり、騙されたりで、どうやって一緒に生きていけますか?」と説教をした。

 

目標とする視聴率が低いので、好き勝手にできるんですよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

→へぇ~

 

 

テレビCMを流している。「金田一少年」や「進撃の巨人」をつかって、
「無料だけどクオリティが高いものが読める」というコンセプトを明確化した。

テレビCM効果で2万DL/日⇒8万DL/日まで伸びて結果的に200万DLを達成。
ユーザー獲得単価はテレビが圧倒的に安かった。

 

 

壁に近いものほど四角く、人に近いものほど丸いという1つの考え方がある。

 

スマホを拾った人全体の50%の人が、スマホの持ち主の銀行口座の情報を確認しようと試みたんです。

 

 

 

 

 

 

特に大崎から品川を過ぎるあたりは、車内に中年男性サラリーマンがばかりになり、車内のぼんやり度は80%近くなった。

 

フェイスブックは開設10周年を記念して個々のユーザー向けに、これまでに投稿した写真などで構成する記念ビデオがBGM付きで自動的に作成される機能を4日から提供していた。